先週、無事に第9回鳩笛オリンピック(縮小バージョン)を終えることが出来ました。
土曜日保育など、ご協力をして頂きました全学年の保護者の方々、本当に有難う御座いました。
そして実施に対し理解をして頂きました戸塚公民館の方々にも感謝を申し上げます。

縮小バージョンの為、実施したのは5歳児のみ。
さらに戸塚公民館のホールは換気が上手く出来ないので世帯で1名のみの参加制限。
密集を無くすために立て看板も無く終わったら順番に帰宅して頂く。
3密を守る為とは言え、寂しい感じは否めませんでした。

その寂しさを克服すべく?見学できなかった方達向けに撮影はフル稼働。
ビデオカメラとiPadを定点カメラとして2方向から撮影。
そしてGoProでは子ども達の舞台裏やアクションカメラならではの視点で撮影をしていきました。

考えようによっては「5歳児だけしか出来ない」のでは無く
「5歳児が戸塚公民館ホールを独占できる」特別な日。
少しでもネガティブな表現は捨て、子ども達にとってポジティブに考えられるように心掛けました。
参加した保育士全員で「子ども達の為に」と一体感を持って出来た第9回鳩笛オリンピック。
新型コロナウィルスの影響とは言え、特別な鳩笛オリンピックになったと思います。

そして今日からは他クラスのミニオリンピックのリハーサルが始まりました。
当日はビデオを回すので今日からのリハーサルで写真撮影。

子ども達は笑顔で楽しんでいます。

このウィズコロナの生活ですが子ども達の笑顔で救われている場面が多いです。
保育者も子ども達に負けないように笑顔で毎日を楽しく過ごしていこうと思います。