川口市の東川口駅にある認可保育園(徒歩5~10分) 今年度のキャッチフレーズは「The possibilities are infinite」(可能性は無限大)

令和2年度採用情報

  • HOME »
  • 令和2年度採用情報

令和2年度採用情報(令和3年4月1日~の勤務)

東川口鳩笛保育園では令和3年4月1日に向け以下の人材を募集しています
質問などがありましたらお電話ください
園見学をしたいなどのご相談でも構いませんのでご連絡お待ちしております
新卒でも年齢の近い先輩がペアになって1年間を通し保育者として成長をしていきます
楽しく一緒に私たちと働きましょう!!!
まずは見学からお待ちしております!!

募集職種

保育士

募集人数

正規職員 3人(男女問わず)

就職試験内容

面接+簡単なアンケート的な筆記(面接重視です)
※簡単なアンケート的な筆記とは
「どのくらい勤務を継続(年数)したいか」
「採用されたら何歳児の担任になりたいか」
「ピアノが好きか嫌いか」
など、まずは面接前に頭の整理をして頂きます。
その後に筆記内容を見ながら会話形式で面接をします。小論文や選択肢のあるようなテスト形式の筆記ではありません。
※複数募集があった場合は別途面接以外の試験が追加される事があります

募集背景

平成30年4月1日に保育所保育指針が改定しました
当保育園では子ども達と保育士の「経験」を大事にしています
子どもと保育士が一緒に楽しさを「共感」し合いながら「達成感」を感じ、「自信」につなげていきます
教育も「勉強」を教えるのではなく、子どもが自由に遊びの中から「興味・関心」を持つ事により、沢山の集中力や勉強への「芽」を育てる
「(強制的な)保育」「(やらせる)保育」では無く、「子どもが楽しく自主性を発揮できる保育」を目指しています
そのような日々の保育を積み重ねることにより、子どもの色々な可能性を広げてくれる「人間力」を高められるよう日々考えています

次年度は新型コロナウィルスの影響もあり「新しい生活様式」を保育園の中で取り入れています
分散保育が必要になった為、来年度は保育士を例年より多めに採用を検討しています

勤務環境の充実

今回の新型コロナウィルスの影響はどうだったのでしょう?
役所が決定する前に保育園側が動いてくれたか。
自粛期間中、明確に子ども達の為に何をすべきか指示があったのか。
東川口鳩笛保育園は行政の決定を待たず川口市内にある保育園のどこよりも早く4月9日から臨時休園を開始しました
(詳しくはブログを閲覧願います)
ブログ「緊急事態宣言を受けた当保育園の方針」

保育者も可能な限り出勤を減らしリスクを削減するよう特別休暇を実施
出勤日も4時間程度の勤務にしながら長時間の滞在を防ぎました
結果、必要最低限の出勤と滞在時間におさえることが出来ました

そして給与面、雇用、時差出勤などの補償。
今回は明確にそれぞれの幼稚園や保育園において差が生まれたと思います。

他にも様々な問題点が保育園にもあります
当保育園では顧問労務士をつけ、職員の働く環境改善を毎年行っています
プライベートも充実させれば、保育も充実した内容になるという考えです
そして先輩保育士と新人保育士が必ずペアになります
日々の保育を通して、疑問や悩みなどを相談しやすいように環境を作っていきます
子どもにとっても知識も心も健全な保育士であることが重要です
だからこそ、保育士の仕事内容とプライベートを充実させたいと考えています

求める保育士像

全力で子どもの事を考えられる人
他者を思い、常に感謝の心を忘れない人
仕事とプライベートを充実させたい人

勤務地

東川口鳩笛保育園
※東川口駅から徒歩5分程度

給与・賞与

最低初任給(月額):各学校に送付しました募集要項を確認下さい。(8月下旬発送予定)
※キャリタスUC、求人ナビには8月中旬ころに登録予定
※募集要項が欲しい方はお手数ですが保育園まで電話下さい
※募集要項が届いていない学校の場合、お手数ですが保育園までお知らせ下さい
※中途採用、転職希望の方はお手数ですが保育園までお知らせください

賞与:年2回(夏、冬)+理事会にて決算賞与(業績、評価による)
※交通費は最低月額に加え別途支給します
※経験者は当保育園の給与規定に準じます

【職員処遇改善結果】その1:有休

有休を半日、1日だけでなく2時間単位での取得を実施
平成28年度は106%(総取得日数114日)を達成
平成29年度は121%(総取得日数160日)を達成
平成30年度は100%&(総取得日数155日)を達成
平成31年度(令和元年度)は103%(総取得日数155日)を達成
結果、4年連続100%の有休消化を達成しました

【職員処遇改善結果】その2:給与

平成30年度は川口市独自の処遇改善として月額20,000円~(担任クラスに応じて支給)
平成29年度は処遇改善として月額40,000円~と基本給の改善(経験に応じて支給)
平成28年度は処遇改善費用として月額10,000円の手当を追加しました
累計で月額60,000円以上の処遇改善を平成26年度から取り入れています
結果、新卒1年目でも年収300万円前後を超える設定になってきています
※賞与では無く、月々の給与に反映を当保育園では実施しています
※国や県の決定事項は出来る限り現場の先生たちに反映が出来るよう毎年努力をしています

【職員処遇改善結果】その3:フリー保育士、保育補助の採用

平成30年度から担任以外のフリー保育士、保育補助の配置を実現
子ども60名(弾力運用し現在は69名)に対保育士17名、補助3名、調理師3名の23名体制になりました
就業中に休憩時間や雑務仕事の時間の確保を可能にしました
また、フリーの保育士が配置される事によりクラス運営の負担が削減されました
60人定員の保育園では手厚い職員配置となっています
※令和2年8月1日の最新情報です

【職員処遇改善結果】その4:ICTの導入

平成31(令和元)年度より保育園内のWiFi環境を整え、全ての保育者へiPadを支給しICT化を進めました
これにより従来紙で作成していた指導案、日案、児童表が全てWEB上で管理を可能に
システムを導入した事により書類や連絡帳の作成時間が大幅に削減されるようになりました
同時にクラス便りなどを廃止し、保育者の仕事削減を図りました

【職員処遇改善結果】その5:その他

勤務方法の多様化(シフトの固定、担任の希望制)が進みました
より長期間、当保育園で勤務できるように「在宅勤務」も視野に入れながら規則を見直しています

休日・休暇

日曜日・祝日による。平均年間休日115日以上(平成28,29,30,31(令和)年度実績)
※研修に土曜日など参加した場合は基本的には振休を翌週に発生させています
※年間休日は年々増やしていき令和2年度も年間120日以上を目標にしています
※有休は行事毎が無ければ比較的とりやすい環境で、平成31(令和元)年度は希望日に全員が取得しています
※今年度で8年目ですが1週間(土日を考慮すると9日)前後の連続休暇取得の実績が令和元年度で複数名います
※ワークライフバランスがとれるよう有休取得には力を入れて職員がリフレッシュ出来るようにしています
※あまりにも有休を使わない場合、体調やストレスなどを考慮して園長が休暇指示を出す場合もあります

福利厚生

雇用保険 労災保険 健康保険 厚生年金 退職手当共済
※全て1年目から加入します

<下記は取得実績ありの内容>
育児休業、育児短時間勤務、傷病手当、
キャリアアップ支援事業(研修費用を保育園にて負担)
平成29,30,31(令和元)年度、令和2年度は保育士宿舎借り上げ支援事業実績有
※家賃にて保育士負担は「0」円
その他、園長判断にて個別対応した実績多数有り

お気軽にお問い合わせください。 TEL 048-280-6668 受付時間 10:00 - 16:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.